スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)


通っちゃった 

 年末進行にかかっていた「C.M.B.」完成。
 ようやく編集部に渡せた。データのやり取りはいろいろ難しい。だんだんトラブルに慣れていく。

 で、都条例が通ってしまいました。
 本当に残念です。

 でも今、本当に感じてることは・・・・通った後の情報発信の多さってなに?

 可決される前と後の「情報の温度差」がすごすぎる。
 いえ、沢山の人に知ってもらうことがメチャメチャ大事なことは分かってますが。
 それにしても可決される前の情報の少なさを考えると悲しくなる。
 基本的には民主主義って、皆が情報を得て判断材料をもらって、それで一票を投じるってシステムだよね。
 なんだこりゃ!!

 条例の施行が来年7月で、その前の4月に都知事選があると。
 で、反対派はここで都条例に反対の知事にきちんと投票しましょうと言うのが一番有効とされる次の作戦だそうです。

 でも、本当に上手くいくのかな?

 だって6月に都条例に反対してくれた民主党が、1ヵ月後の7月の参議院選で惨敗したのは今年のことだよ。
 しかも都条例反対の先頭に立ってくれた保坂 展人さんを落選させてしまってるし。
 このことで「漫画、アニメ好き」の人の有権者としての信用ってマジで失墜して、議員さんに話を聞いてもらいづらくなったし。
 実際、この結果が尾を引いて、議員さんは都条例に反対しにくくなったとも言われてるし。
 というか、参議院選の直後、都条例による「クソッタレな日」が来ることを予想した人、いっぱいいたし。

 この参議院選の直前、ちょうど「はやぶさ」が帰還しました。
 そしてキャッチフレーズとして使われたのが「民主党は『はやぶさ後継機』の予算を仕分けして減らした!!」でした。
 読売やサンケイの報道がすごかった。

 うん、ひどいデマだったんだけど。(はやぶさ後継機の予算のドタバタの原因はJAXA内部の権力争い。ちなみに宇宙開発に興味のある人は「GXロケット」なんかを調べてみると、面白いものが見れます。)

 こんな風に情報がどうあがいてもマスコミ主導だと、やはり先行きが不安になる。
 今回、都条例の報道で「ナンじゃこりゃ!!」を連発したマスコミが再度、知事選でも「ひっ・・うわーああ!!」をやる可能性のほうが明らかに高いような。
 どこかの女子アナが「我らの希望であり、太陽である石原将軍様は今日!・・」とか始めるかも。

 都条例が可決された後、いろんな「反対意見」が発信されているのを見ると、ものすごく力がわくのですが、大事なのはやはり、「可決される前」どれほど正確な情報を与えられない状態だったのかを忘れないことだと思います。
スポンサーサイト


[2010/12/18 15:12] 漫画製作 | トラックバック(-) | コメント(-)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。