スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)


明日から作画! 

 ネ-ム完成!明日から作画!!とりあえず1段落!

 今日、編集部で「電子出版」の話をした。
 マスコミでは「電子出版の漫画は急速に普及してる!」なんて煽っているけど、実はほぼエロである。
 自分としては、漫画と雑誌は共存関係だと思っています。人気作の間に新人が入り込んで読んでもらったりとか。
 いろいろ混ざっていて、多様性があるのが体系の強さを担保するのだと考えてます。
電子出版ではおそらく「今まで読んでいたもの」や「一番人気」しか手にとってもらえない恐れがあります。

 たとえば喫茶店経営で、4割の人が注文する一番の売れ筋がチ-ズケ-キだとして、その1品だけを販売したらどうなるか?
「1番売れてるものだけを売ってるんだから、もっとお客が増える!」・・わけありません。
イチゴのショ-トやミルフィ-ユを食べていた6割のお客さんが来なくなるだけです。

 でも、こんな当たり前のことを「ビジネスを知っている人たち」は、本気でやらかします。
「オタクもののアニメが売れているからオタクものだらけに」「お笑い芸人が売れているからお笑い芸人だらけに」と。
 とにかく「一番売れてるもの」だけにするのが大好きです。
 他のものがあって、そういうものがあるなら、相互に見ることもありますが、それだらけになったら興味のない大半の人は「これは自分に関係ないものだ」と、斬って捨てるだけです。しかも二度と戻ってきません。
 多様性のない生態系が、外来種で絶滅しやすいのに似ています。

 漫画はいろいろ混ざっていて、「なんとなく目にする漫画がある」ような雑誌に載っているのが、一番その生命力を保てると思います。
スポンサーサイト


[2010/04/08 11:59] 漫画製作 | トラックバック(-) | コメント(-)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。