スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)


夏に向けて 

 
 これから夏に向けて、東京を離れてマンガを描きたい方も出るかと思い、遠隔地で作業をするのに必要なものを自分の分かる範囲で上げてみました。


 デジタル作業で漫画を作画している方は、原理的には離れた場所にアシスタントの人がいても作画はできます。
 あくまで原理的には。

 時間的には月刊は、ほぼ可能だと思います。
 でも週刊だとわかりません。やったことがないので。
 ただ、自分は月に90ページほど作画しているので、数字的には可能のはずなのですが、週刊というペースがページ数で測れるほど単純なものではないと思うので可能かどうかはわかりません。

 確実にいえることは、離れている人にはどうしても背景の指示が手間どります。
 自分の場合は12日間の作業日数が13日に増えました。それぐらいには時間がとられる可能性があります。


 必要なもの

 1 あるていどのトラブルに対処できる知識。もしくは対処できる人。

 商業用の原稿をデジタルで描くと、それ特有のトラブルが発生します。
 市販の解説本にも解決法は書いてませんし、ネットにも出てないものが多数あります。
 例えば、商業用の漫画の原稿は雑誌と単行本で二度の縮小をします。この二度目の縮小で現れるトーンのモアレがあったり。(印刷屋さんと要相談)
 グレー処理とドットのトーンが混在したときの問題。(これは二度目の縮小に耐えられないので、やってはいけない)
 消える砂目トーン。(砂目のドットが一定以下の大きさだと消えてしまう)
 など他にも沢山。
 
 ある程度デジタルで作業をして慣れていないと、問題が起きたとき解決できません。
 自分でできるようになるか、できる人にそばにいてもらう必要があります。


 2 スキャナ、プリンタ、FAX機能の付いたネット対応のコピー機(モノクロでOK、昔あんなに高かったのに今ではメチャクチャ安くなってる)
 
 ネットワーク対応だと、作業するパソコン全てをネットでつないで、コピー機をつなぐだけで全てのパソでスキャナ、プリンタが使えるようになります。
 事務用のものは普通のスキャナとは比べ物にならないほど読み取りが速いです。
 ネームや下書きの送信もPDFファイルにすれば簡単に送れますし、アドビリーダーならページをめくるように読むこともできます。
 あと、出来上がった原稿は必ずプリントアウトしてチェックする必要があります。モニターには現れないミスが意外と紙の上に現れるので必ず必要です。
 
 コピー機を既に持っている人は、それを移動させたい時は引っ越し業者ではなく、メンテナンス会社にお願いすることになります。
 また、メンテナンスの会社とコピー機がネットでつながってる場合は、電話回線に変えてもらう必要があります。
 これがネットに繋がっていると、仕事用のパソも外のネットに繋がってしまうからです。


 3 外付けのハードディスク

 この外付けハードディスクを職場内のネットワークにつないでおいて、出来上がった原稿や資料を入れておけば、皆で簡単に共有できるので便利。

 ハードディスクが2枚、4枚と内蔵されていて、おたがいバックアップを自動的に取ってくれるものが安全です。
 また、これにつなぐとき、ファイヤーウォールを切ることを要求されることがあります。
 作業に使うパソコンは外のネットにはつながないようにしましょう。そのほうが安全です。

 4 通信用のパソコン

 これに連絡用のスカイプや、インターネット、オンラインストレージの入り口を作っておきます。
 このパソコンと、作画用のパソコンはつながないように。
 面倒でもメモリースティックでデータのやり取りをしたほうがいいと思います。

 5 オンラインストレージサービスとの契約

 大きなデータをやり取りするサーバを借ります。
 お金を払ってでもキチンとセキュリティーのかかってるところを。(探せば安いトコがあります。) 
 ドラッグアンドドロップでやり取りできるのでとても便利です。

 要注意なのがMACのデータをWINで受け取るとき。
 文字化け、謎の増殖、データが開けないなどのトラブルが起きるので注意が必要です。


 6 通信係

 コミスタなどの知識がある人が1人、通信係に必要です。
 終盤の作業が追い込まれてきたとき、データのやり取りをしてくれる人が必ず必要になります。


 7 通信でのアシスタントさんは、初めての人は避ける。

 通信で指示を出すのは難しく、初めての人に自分の絵のスタイルを伝えるのはかなり困難です。
 長く一緒にやっていて、やり方が分かってくれるアシスタントさんにお願いした方がいいです。


 とりあえずいま、思いつく範囲で書き出してみました。
 もっといいやり方があるのかもしれませんが、自分が分かる範囲で書きました。
 お役に立てば幸いです。
 
スポンサーサイト


[2011/04/26 02:05] 漫画製作 | トラックバック(-) | コメント(-)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。