スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)


中二病 

 「中二病」と言う言葉を聞いたのは覚えてる限り、伊集院光のラジオでした。
 自意識や自己主張の表現が、思春期に他者との距離感がつかめず、ちょいと珍妙になってしまう状態を表した言葉だったと思います。
 ラジオのコーナーで変に大人ぶったり、正義を訴えたりする言動の、幼さゆえの珍行動を紹介していたと記憶しています。

 で、伊集院氏はラジオの中で、インターネットで乱発される「中二病」について「もう僕の作った時の意味と違うから言葉自体に興味無いです。」と語っています。

 では本来、「中二病」とはどんな状態を指すのか?

 よくネットでは「自分の理想を語る」、「議論に熱くなる」、「自分の考えを論じる」、「沢山の人が信じていることとは真逆の考えを言う。」「その場の空気で言わないようにしてることを言う」などの言動に対し、嘲るように使うのが通例です。

 ではここで疑問です。
 キング牧師、ガンジー、マンデラ大統領、ジョンレノン、北野たけし、立川談志、オリバーストーン、モンティパイソン(敬称略)などなど、多くの表現者は上に挙げた「中二病」といわれる言動をとってきた人だと思います。

 なぜ「中二病」と言われないのでしょう?



 ここで仮の話を始めます。

 もし仮に、 「中二病」とは訴えているその内容より、その表現方法や、立ち居地に原因があるとしたら?

 例えば「愛」でも「友情」でも「正義」でも、他者に受け入れてもらえる表現方法や地位を持っている人が訴えるなら「中二病」とは言われず、意見芸術作品となる。

 逆に言えば表現方法が確立していない、もしくはその地位にいない限り「中二病」扱いされると言うことです。

 では、その表現方法や地位を確立するにはどうすればいいか?

 順当に考えるなら「中二病」にかかって他者に自分の意見を「かっこ悪くても」訴え、相手との距離感を測りながら表現方法を訓練し続け、間合いを体得し、世間に認められるのを待ち、地位を確立するしかありません。

 もしこの「仮の話」が正しいなら「中二病」は罹ると恥ずかしいものではなく、若いときにさっさと罹っておくべきものということになります。

 十代の頃に他者との距離感が図れず、稚拙な表現で自分の意見を訴えて珍妙な行為をやらかしても、人は許してくれます。 
 そんなことは普通だから。


 もしこれを「中二病カッコワリー!!WWW」とやらかして、避け続けたらどうなるか?
 これは想像にお任せします。

 あくまで仮の話です。

 ここで「作品」を作って生きたいという十代の方にオススメです。

 「中二病」はきちんと十代のうちに罹って、耐性を獲得しておきましょう。 
 


161.jpg
 ペルーのお土産
スポンサーサイト

[2011/03/10 14:43] 中学生からの暗黒社会学 | トラックバック(-) | コメント(-)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。