スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)


恐怖!後ろの太田君 

 サッカーが好きな人、野球が好きな人。イギリスのクリケットから目が話せない人。
 宇宙が好きな人、虫の観察がやめられない人、室町時代の歴史の研究がやめられない人と、世の中にはいろんな趣味の人がいます。

 こういう人はたいてい、それに興味がない人からとやかく言われてもあまり気にしません。
 「相手が知らないのだから仕方ない」で済みますから。
 
 でも、無視するわけにいかない相手がいます。
 それは、同じものに興味を持ってる仲間です。

 仮にその人の名前を太田君としましょう。
 (もちろんオタクに引っ掛けた名前です。)

 特定の分野が好きでのめりこんでる人は、門外漢に何を言われようと馬耳東風ですが、太田君に笑われることだけはできません。

 常に太田君は後ろにいます。
 

 サッカーの話をするときも、自作毛ばりの糸を巻いてるときも、インカの生贄の風習について話をするときもです。

 チョット難しいことを一般人に説明するとき、例え話をすることがありますが、そのときも太田君は見ています。
 太田君に笑われない正しい例えを出さねばなりません。
 次第に「例え」が異様に厳密になり分かりづらいものになって行きます。本末転倒です。

 子供の頃あんなに荒唐無稽で楽しくSFの世界に触れ、そこを入り口に科学の世界に入ったのに、今では太田君に笑われるのが怖くてそういう物語が作り出せません。

 「荒唐無稽な世界も否定はしないよ。ああいう世界ががあるのは大事。」とか「アレが作れたのは天才だから!」と発言しつづけながら、現実は自分が小学生の頃なら入り口にもしなかったSFが「本物だ!」と言い、太田君と喜び合う毎日です。

 「○○の分野は好きすぎて、いい加減なことが描けない!」と嘆く人は実際に結構います。
 だから一般のひとへの物語が作れないと。

 本当にそうなのでしょうか?
 なにかやり方があるのでは?
 

 そこでこんな方法はどうでしょう

 太田君をとりあえず後ろから追い出して、その分野に興味を持ち始めた頃の自分を立たせる。 

 意外と別の表現方法が見つかるかもしれません。お試しください。
 


[2011/08/11 14:51] 漫画家を目指す人たちへ | トラックバック(-) | コメント(-)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。