スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)


墨坪君のマンガ道 最終回 

Q.E.D.プロット締め切り直前。というか打ち合わせ明日。
 そんな折、ISBNコ-ドが届いた――!
 説明書類がややこしくて頭に入ら――ん!

 と、いうことで現実と―ひ!  

 墨坪君の話を待っていてくださった方、ありがとうございます。そしてお待たせしました。
 最終回いきます。

 墨坪君は様々な漫画を描き、出版社に持ち込みます。
 でも、あと一歩のところで掲載に持ち込めません。「自分には才能がないにのだろうか?それとも運がないのだろうか?」だんだん社会の理不尽さに腹が立ってきます。「自分より下手な漫画が雑誌に載っている!きっと裏で何かやってるに違いない!」
 まあ、落ち着きなさい墨坪君。

 ここで、ウチの仕事場の話をしましょう。
 ウチの仕事場からは、ここ8年で5人の子が漫画で連載を取って円満に職場を離れて行きました。全員がコンビニやキオスクで並ぶメジャーな週刊誌や月刊誌にです。
 ここで、その子達を育てた秘密のコツを御紹介・・・するわけではありません。そんなモノ知りません。
 飛び立って行った子達は自分で努力したのです。そんなコツあるなら自分が知りたいくらいです。
 まあともかく、コツは知りませんが、その子達が連載を取る様子は実際に見ていました。
 だから、今からお話しすることは理想論でも架空の話でもありません。実話からの自分の教訓です。

 とにかく自信を持って言えることは「未来を変えようと努力している人間の未来は予測できない。」ということです。

 絵が下手な子がいたとして、上手くなろうと努力してる子の未来は予想がつかない。
それこそ「大丈夫かなぁ」と心配していた子が、突然2時間後に何かをつかんだように上手くなることもあれば、それが2ヶ月かかる子もいる。
 でも「自分はここまで」とあきらめた子の絵はみるみる衰えて行く。それはハッキリ分かる。

 「連載を取りたい!」と何度もネ-ムを出している子の未来も同様に予想がつかない。
 入って1年で連載を取ってくる子もいれば、2年間まったく手応えのなかった子が突然原作付きの企画を取ってくることがある。兆しもなにもない。ただ、黙々とネ-ムを出し続けて、そして苦しんであがき続けていたのだけはわかってる。
 ただ、「どうせ自分はダメだ」とあきらめたら、そういう未来はこない。

 努力してれば未来は変えられるし、チャンスもえられる。実際に見てきて得た教訓です。

 世間には何かをやろうと努力してる人間を見ると「どうせ失敗する」とか「勘違いしている」とか「どうせ負ける3連敗だ」とか言う人がいます。漫画家を目指して30年近くなりますが、絶えることなくずーーっとそういう人はいます。
 言われても気にすることありません。そんな言葉が意味を持つことなんかただの1度もありませんでした。
 もしダメでも、そいつの言葉が当たったわけじゃありません。自分の全力が届かなかっただけです。
 それに努力してることをちゃんと見ている人も沢山います。
 安心して努力してください。

 ただし、間違った努力は実を結ぶことがありません。
 直さなきゃならない欠点をいつまでたっても直さず、別の努力ばかりしてれば結果は同じです。

 「欠点を直す」というのは骨の折れる大変な作業です。「価値観の変更」を迫られるからです。これでいいと思ってきたことを変更するわけですから。

 さて話はそれますが、人間の脳には安全装置がついていて、悲観的になったり、価値観が壊されそうになると「地上最強の脳内弁護士」が現れて『自分はこのままでいい!素晴らしい人間なんだ』と、いろんな理由を挙げて弁護してくれることが実験で確かめられてるそうです。
 これは性格の問題ではなく、むやみに不安におそわれ活力が落ちないよう備えられた脳の防御機能らしいのです。
 不安感で自信のない状態のとき、この弁護士が大活躍をして、最後は怒りを交えて自分の価値観を保護します。こうなると自動的に「間違ってるのは自分じゃなく周りだ」と言う結論を脳が勝手に出してしまうのです。
 逆に自分に自信がある状態だと、脳は簡単に「価値観の変更」を受け入れてくれるそうです。

 そう。自信家で楽観的でいる方が欠点の修正がきき、自信を失うほど修正が難しくなるわけです。

 では最後にウチの仕事場に伝わるジンクスを紹介しましょう。

 「自腹で海外旅行に行った奴は連載を取る」(たいてい台湾)
 
 ただのジンクスなのですが、アシスタントしながら海外旅行いく度胸ある人間なんて、前向きで楽観的だと思いませんか?

 と言うことで墨坪君、前向きに、そして楽観的に頑張ってください。望んだ未来を手に入れる人は実際にいます。

 (おしまい)
 

スポンサーサイト

[2010/07/03 22:52] 墨坪君のマンガ道 | トラックバック(-) | コメント(-)


墨坪君のマンガ道その5 

墨坪君のまんが道、試行錯誤を重ね、最終コ−ナ−を回り始めました。
 いったいどんな漫画を描けばいいんだ?どうすれば連載が取れるんだ?
 
 この状態が長く続くと、次のような症状が出てきます。
 「もう、なにが面白いモノなのか分からない!」
 自分を見失い始め、売れている漫画を大量に読み、その秘密を探ろうとします。

 さて、「面白い」と言う感覚は、大抵この二種類に分けられると思います。

 1 自分が面白いと感じるから「面白い」。

 2 沢山の人が面白いと言ってるから「面白い」。

 1は完全に我が道を行くタイプです。どんなマイナ−な映画や音楽やスポ−ツ、趣味を他人になんと言われようと「いい」と言い続けます。
 ベストセラ−もヒット商品も関係ありません。て、いうかほとんど無視です。
 こういう人は「バスケットボ−ル」や「囲碁」など、自分が面白いと思ってる前例のない題材を漫画に持ち込んだりします。
 「ヤマト」や「ガンダム」、「カリオストロの城」、など、公開当初は全く相手にされなかった作品もこういう人たちが「いい」と言い続けて広がって行きました。

 2は「人がなにを思ってるか一番気になる」人達です。
 だからランキングなどは大好きです。
「なにが面白いか?」と聞かれれば即座に「一番売れてるモノ」や「一番はやってるモノ」を上げます。そして不思議なことに、それが好きなことで、なぜか「すでに勝ったような気に」なっているフシさえあります。
 こういう人に「面白いモノを作れ」と言うと、なにかに似たモノになります。
 皮肉を言ってるわけじゃなく、自動的にそうなるのです。既にある「売れてる物」以外「自分が面白いモノ」が存在しないのだから、そうならざるを得ないのです。
 そして、こういう人の「売れる戦略」とは例外なく「今売れてるモノに似たモノを並べる」ことになります。
 TVで似たような企画が並ぶ理由が分かりますね?2のタイプが増えすぎて起きているただの現象です。止まりません。

 そうです。自分が売り物にする「面白いモノ」は、商品の中にあるのではなく、結局自分の感じるモノの中から探すしかないわけです。

 果たして墨坪君が「面白い」と感じるモノは何なのでしょう?
 こういうテンパッたときは、かえって遊びに出かけた方がいいかもしれません。自分が面白いと思うモノを探しに行くのです。

 続くかな?


[2010/06/03 22:28] 墨坪君のマンガ道 | トラックバック(-) | コメント(-)


墨坪君のマンガ道その4 

 墨坪君はデビュ?を目指し、今日も担当編集にネ?ムを出します。
 そしていいとこまで行くのですが、掲載にはいたりません。
 墨坪君「この話もダメか。面白くないのかな?もっと誰も読んだことのないような設定や話を考えなくてはいけないのかな?」途方にくれるばかりです。

 話は横道にそれるのですが、私は作画中、有線放送で落語を聞いています。
そこで流れる落語は歴史の残る大名人の語るものが多いのですが、月替わりのコ?ナ?で東京の新人落語家さんの噺が流されることがあるのです。
 まあ、大名人と比べるのはさすがにかわいそうですが、やはり聞いていて不安になるし、噺の世界に入り込めないところも多々あります。おまけに無理に笑わせようといらない事をしてくるし。
 最初はこのコ?ナ?が始まるとイライラしたのですが、最近はなぜか楽しくなってきました。ちょっと寄席に行きたくなっています。
 まあそれはともかく、何が言いたいのかというと古典落語の場合大名人も新人の子も話している落語の内容はまったく同じだということです。
 基本に忠実な新人の子は師匠とまったく同じタイミングで話そうとさえします。
 でも、面白さには明らかな差があるのです。
 それはもう「語り方の差」というしかありません。
 つまり、面白さの差は話の内容だけでは決まらないということなのです。

 墨坪君は「話が面白くないから掲載されないのだ」と考えました。
 でも果たして本当にそうなのでしょうか?
 更に凝った設定や話を考えるよりも、もっと先に修正する場所があるのかもしれません。

 続くかな?


[2010/05/16 21:22] 墨坪君のマンガ道 | トラックバック(-) | コメント(-)


墨坪君のマンガ道 その3 

デビュ?を目指した墨坪くん。なんとかプロの漫画家への特急券を手に入れたい!
「そうだ!絵がメチャメチャ上手くなればいいんだ!今流行の絵で、きれいな線で、かわいい女の子が描ければいいんだ!」
 墨坪くんは早速練習を始めます。
 そう、今売れてる絵のきれいな漫画の模写を始めたわけです。

 かなり頻繁に聞く、とんでもない台詞の一つ、「○○は絵が上手いね、漫画家になれるね。」と、いうのがあります。
 これが正しいなら「字が書けたら小説家になれる」ことになります。
 字が書けることと、小説家であることの間には約銀河一個分の開きがあります。
 当たり前です。文字の学習と、書くべきことを見定め、物語を構成し、自分なりの文章で表現して、沢山の人に読んでもらうことが同じなわけありません。
 同じに思えるなら食生活を変えた方がいいと思います。
 でも、「絵が描けたら、漫画が描ける」と言う、あり得ない妄想を本気で信じている人は、断言しますが、かなりいます。

 絵が描ける人は、たいてい漫画を描くことに挑戦しているので、どれだけ大変かわかっています。
 が、絵が描けない人や、描かない人はその経験がありません。そういう人の中に「絵が描ければ漫画が描ける」と信じているの人がいるのです。
 出版に携わる人でさえこの間違いを信じてる人が大勢います。
 それが証拠に、「流行の絵が描ける人間さえ集めれば、話はこっちで用意するから漫画雑誌は簡単に作れる。」という類の企画や、「自分が漫画家になれなかったのは、絵が描けなかったからだ。話を作る才能はあった」と思い込んだままの新人編集者が、絵の上手い新人漫画家に自分の考えたスト?リ?を押しつけて大惨事をおこすという事件が後を絶ちません。
 「編集は漫画家を3人潰して一人前」と言う言葉があると、某所で書かれ話題になっていますが、自分もそれに近い話を20年ほど前に聞いたことがあります。その理由は自分の考えた話を新人に押しつけても、漫画なんかできないことを分からせるためだったはずです。
 くどいようですが、絵が描けたら漫画ができあがるなんて、ありえません。
 
 さて、絵の練習に励む墨坪君。まねている絵のきれいな漫画の大ヒット作品。線はきれいで、シャ?プな絵柄はファンの心をつかんでいます。この絵を描けるようになれば絶対デビュ?できる!
 でもそれ、ホント?
 それは「漫画が描けないのは、絵が描けないからだ。」という妄想と同じではないですか?
 そもそも、現在、過去の漫画のヒット作を見ても、イラストみたいに絵がきれいな物だけで占められてるるわけじゃないですよね。
 アレとかアレとかアレとかアレとか。
 どう考えても個性的な絵柄のモノが圧倒的に多いはずです。
 「流行の絵がきれいに描けたら漫画家になれる」と考えるのも「絵が描けたら漫画が描ける」と考えるのも、大差ない幻想ではないでしょうか。
 そもそも漫画には、描かれるスト?リ?に合った「絵柄」と言うモノがあるはず。
例えばギャグ漫画、スト?リ?漫画、格闘漫画、それぞれに違う絵柄になるはずです。
 それを無視して「絵が上手い」なんて、とひとくくりに評価できるはずありません。
 漫画評論家の中にそんな人がいたら爆笑して見下してもいいと思います。まずいないと思いますが。絶対いませんよ。ははは。

 漫画の絵柄は、「表現したいスト?リ?」「描きたい世界観」に大きく影響されるはずなのです。
 流行の絵をまねても、自分の描くべき漫画の近道にはなりません。
 でもなぜか、墨坪君はいつも「簡単な答え」の方に飛びついてしまいます。

 つづくかな?


[2010/05/02 21:32] 墨坪君のマンガ道 | トラックバック(-) | コメント(-)


墨坪君のマンガ道その2 

 さて、墨坪君は提出した漫画のネ?ムを担当編集者の言った通り直しました。
 当の墨坪君はその提案がピンとこないにもかかわらずです。
 自分で面白いと思わない漫画が、面白くなるわけありません。
 担当編集者も「これじゃダメ!」と、言わざるを得ません。

 墨坪くんの心には「言われた通りやったのに!」と言う不信感が生まれます。

 でも墨坪くんはデビュ?を目指し、担当の「提案通り」に、繰り返しネ?ムを直し続けます。
 半年もたった頃には、この話のいったい何が面白かったのか、思い出せなくなってきます。描いている側がそうなのですから、読んでいる担当も混乱してきます。
 いよいよゴールが見えてきました。
 そう、このネ?ムをあきらめるという決断です。

 「いわれた通り直し続けて結局このざまかよ!この編集者本当に大丈夫か?」
墨坪君の心にべったりと黒いモノが棲み着きます。

 知人がこんな名言を言いました。「半年直して面白くなったマンガなんか見たことない。」漫画のアイデアは寿司ネタと同じで、いじり続ければ確実に死にます。
 ゲシュタルト崩壊が起こって、意味が分からなくなるのです。

 墨坪君はこう考えました「担当に頼ってちゃダメだ!自分で作戦を考えないと!今、雑誌に足りないマンガを描くんだ!そうすれば採用される!よく見ると雑誌にはスポ?ツ物が足りない!スポ?ツ物をやろう!」
 
その雑誌に足りない分野を提案するのはとても良い方法です。
 ただ、惜しかったのは、墨坪くんはそれほどスポ?ツ漫画が好きなわけでもなかったし、実際にスポ?ツも好きではなかったこと。
 彼の描くスポ?ツ漫画は、スポ?ツの駆け引きも何もない気の抜けたコ?ラのような仕上がりになり、あっさり却下されるとになります。
 アニメと漫画以外に特に興味のなかった墨坪君。映画も本もそれほど読んでいません。 このあたりで大抵の新人の子は「自分に興味のあるモノは何か?自分に向いている分野は何か?」と、真剣に悩み始め、不勉強を悔やむようになります。
 
 多くの漫画家さんが「学校や社会で漫画以外の知識をつけた方がいい」と勧めるのは、この時期が訪れるからです。
 
 でも、墨坪君は悩み考える前に、楽な道を選んでしまいます。
「ずいぶん時間もたった。ここは一つ自分の好きな物を描こう!もう長い間、ネ?ムばかり描いていて、ペン入れもしていない。担当がなんと言おうとこの作品は原稿にして、ダメならよその出版社に持って行こう!」
 墨坪くん一大決心です。
 選ぶのは、当然バトル物。異世界、超能力物です。
 結果ですか?最初に持ち込んだネ?ムと大差ないに決まってます。

 当然、担当は「ダメ!」の返事。墨坪くん、よその出版社に持ち込み、そのまま新人賞に応募。
そして、振り出しからやり直しです。

いったいなぜなこうなってしまったのか?。
 墨坪くんの「編集者との打ち合わせ」の失敗はどこだったのでしょう?

 まず、第一は「ほめられた」ことをずっと引きずっていることです。
 最初の打ち合わせで「悪くない」と、褒めてくれました。墨坪君はこの言葉をずっとよりどころにしてます。
 でも、お世辞です。いや、マジで。
だって自分が友人の漫画見たとき、まず気を遣って褒めるでしょう。「絵がきれいだね」とか。
 友人の漫画を見る感覚で雑誌の漫画を読んだことありますか?
相当上手に描いてあるマンガでも、あっさり「クソ!」って貶すでしょ?そんなもんです。
 担当者さんが気を遣って褒めてくれたら、まず感謝をし、そして忘れましょう。
 本当に面白ければ、読者がちゃんと褒めてくれます。

 第二の間違い。担当編集者に「具体的にどう直すか」を聞いてそれを最重要視してるとこ。
「いい編集者」とはネ?ムの問題点を的確に指摘し、修正方法を、その作家にあわせ、正確に提案する人だと思っていませんか?その人に言われた通りに直せば完璧な漫画が完成すると。
 そんな人いても希です。
 大抵は、その漫画の問題点を正確に見つけ出し表現しようと試行錯誤してくれているのです。
 いわば「出題者」であって、全てを知ってる「大賢人」ではありません。
 その出現に漫画人生を賭けるには、「デスマシ?ン」並みに確率低すぎです。
 言った通り直さないと不機嫌になる編集者も、中にはいるのですが、まあアレな人はおいといて、自分が編集者だと仮定したときどう思うか?
 目の前に「言われた通り直してきました!」と答える新人がいたらどう思います?
 「ダメだこいつ」でしょ?

 そして第三。これが最悪の問題点。
 最初に提出したネ?ムに対し、担当さんが指摘してくれた問題点を、すっかり忘れていること。
 「どこが悪かった」と言われたか覚えていないのです。
 これは冗談ではなく、結構やってしまう致命的な失敗です。
 なぜこんなことになるのか?原因は簡単。
 指摘された問題点なんかより、編集者の「具体的にこう直せ」と言われたことの方が大事だからです。
 なにせ、言われた通り修正すればデビュ?できると考えているので、他のことは覚えていなくてもいいわけです。
 
 漫画というのは、正解があって描いているわけじゃないし、読者もこれが正解だから面白いと思ってるわけでもない。
 おおむね漫画は「最初に読んでどう感じるか」で、評価されます。2度3度読んで吟味して評価を下すことなんかありません。
 「読んで最初にどう感じるか?」と言う、計算できない漠然とした何かがとても大事になります。面白くないと感じれば二度と読みせん。

 そして担当編集者はあなたの漫画の一番最初の「読者」です。その読者が「最初になにを感じたか?」を正確に具体的に出そうとしてくれてるわけです。そして、その答えは漫画家を目指すあなたには「一番大事な答え」になるはずなのです。
 「担当編集が俺の漫画をわかってくれてる保証なんかあるのか?意見が本当に参考になるのか!」と、思ったあなた。一般読者は編集者より辛辣です。
 自分が発信したことを何でも受け入れてくれる読者しか相手にしないつもりでならば、そこは『親の惑星』です。
 墨坪君は漫画家になるための宝物のような「最初の読者の最初の印象」を全く忘れ去りました。
 つづく。


[2010/04/29 01:19] 墨坪君のマンガ道 | トラックバック(-) | コメント(-)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。